その他

保険財務力格付とは

LINEで送る
Pocket

kakuduke

よく、保険会社のパンフレットやホームページの会社紹介のの欄で、AA、BBBなどの記号が並んでいるのをご覧になったことはないでしょうか。これらは保険財務力格付と呼ばれるもので、専門的な知識をもった第三者機関が、その会社の支払い能力などを元に評価した財務力を、信用度の高い順にA、B、Cのアルファベットと+、−の記号で表したもので、保険契約に基づく債務を履行する能力について総合的に評価、格付しています。
実際に格付を行なう第三者機関は民間の格付会社で、例えば日本では、ムーディーズ・インベスターズ・サービス、スタンダード&プアーズ(S&P)、フィッチ・レーティングス、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)などがあり、それぞれ独自の基準で保険会社の財務力や支払能力を精査し、格付情報を提供しています。
保険財務力格付のメリットは、月ごとに評価が発表され、短期間の推移が把握できる点、第3者機関が判断するという客観性、そして何より信用度をランキングの形で示す、そのわかりやすさにあります。
保険会社では、一般向けに毎年の決算後に、ディスクロージャー誌などで業務内容や財務状況の情報を開示していますので、掲載されるソルベンシー・マージン比率に、この格付を加え、両方をチェックするのがよいでしょう。
以下に、格付会社スタンダード&プアーズ(http://www.standardandpoors.com/)が規定する格付記号の意味を転記しました。

AAA

スタンダード&プアーズの見方では、保険契約債務を履行する能力は極めて強い。スタンダード&プアーズの最上位の保険財務力格付け。

AA

保険契約債務を履行する能力は非常に強い。最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい。

A

保険契約債務を履行する能力は強いが、上位2つの格付けに比べ、事業環境が悪化した場合、その影響をやや受けやすい。

BBB

保険契約債務を履行する能力は良好だが、上位の格付けに比べ、事業環境が悪化した場合、その影響を受けやすい。

BB

保険契約債務を履行する能力は限界的である。強みもあるが、事業環境が悪化した場合、債務を履行する能力が不十分となる可能性がある。

B

保険契約債務を履行する能力は弱い。事業環境が悪化した場合、債務を履行する能力が損なわれる可能性が高い。

CCC

保険契約債務を履行する能力は非常に弱い。債務の履行は良好な事業環境に依存している。

CC

保険契約債務を履行する能力は極めて弱い。債務をすべては履行できない可能性が高い。

R

財務上の問題が理由で規制当局の監督下に置かれている保険会社に付与される。違反行為など、財務上の問題と関係のない事由で規制措置を受けている保険会社に「R」が付されることはない。

NR

格付けがなく、保険契約債務を履行する能力に関する意見を公表していないことを示す。
「AA」から「CCC」の格付けには、プラス記号またはマイナス記号が付されることがあり、それぞれ、各カテゴリーの中での相対的な強さを表わす。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。