がん保険

特定疾病(三大疾病)保障保険ってどんな保険

LINEで送る
Pocket

tokutei

はじめに

特定疾病保障保険は、「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」の3つの病気(三大疾病)で保険会社の定める所定の状態になった時に、特定疾病保険金を受け取ることができる保険です。もし、特定疾病以外の病気や事故等で亡くなったときには、同額の死亡保険金が受取れます。定期タイプと終身タイプの商品があり、終身タイプであれば必ず保険金が受取れますが、保険料も割高です。
また、加入タイプも単独で契約できるものと、一般の医療保険などの特約として付加できるものがあります。

所定の状態ってどんな時

一般的に以下のような状態になると特定疾病保険金が支払われます。(細かい条件等は商品によって異なりますので、約款等で確認しましょう。)

がん(悪性新生物)

被保険者が責任開始期前を含めて初めてがん(悪性新生物)にかかったと医師によって診断確定されたとき(ただし、悪性黒色腫以外の皮膚がん、上皮内がん、責任開始日から90日以内に診断確定された乳がんを除く)

急性心筋梗塞

被保険者が急性心筋梗塞を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき

脳卒中

被保険者が脳卒中を発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60日以上言語障害などの他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき

特定疾病保障保険のメリット

なんといっても、保険金を一時金としてまとまった金額で受け取れることにあります。治療費や入院費などの自己負担分として利用するのはもちろん、仕事の継続が困難になった場合当面の生活費として利用も考えられます。
特定疾病保障保険は、日本人の死因のワースト3をカバーする保険であり、通常の医療保険では保障額に不安があり、がんに特化するのもどうかと思われる方には一考の価値のある保険でしょう。

補足

通常、被保険者が生存中に受取る保険金は被保険者本人が受取人になりますが、例えばガンになって、本人に告知したくない場合に備えて、契約者が「指定代理請求人」を予め指定できるようになっています。
ただし、保険金が支払われると同時に、保障が終了するので、保険料の支払い記録などから本人にわかってしまうこともありますので注意が必要です。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。