基礎知識

保障額(保険金)がだんだん少なくなる保険って

LINEで送る
Pocket

teigen

はじめに

定期保険の種類のひとつに逓減定期保険というのがあります。
通常の定期保険は保険期間中に被保険者に万一のことがあった場合の保険金額は一定ですが、逓減定期保険は時が経つにしたがい、保険金額が段々と少なくなっていきます。(例えば、契約当初の保険金額6,000万円だったものが、10年後には5,000万円になるなど)
「少なくなっていくなんて!」と思われる方もいらっしゃると思いますが、定期保険の本来の目的を考えた場合、残された家族にとって必要なお金は子どもの成長や自立などで減っていくので、合理的な保険であるともいえます。
当然、保険料は割安で本当に必要な保障を家計に無理なく備えることができます。

逓減定期保険の商品の種類

逓減保険では、商品によって、保障額(保険金額)が減っていく割合(逓減率)や減り方の仕組みがそれぞれ異なります。そのため、自分のライフプラン合った商品タイプを選ぶことが大切です。
また、逓減保険は、主契約の保険としてだけでなく、オプションの「逓減定期保険特約」という形でも提供されており、この場合は、主契約の終身保険や定期保険などに上乗せして活用することになります。

逓減定期保険の活用例

ライフプランに合った無駄のない必要保障額を、割安な保険料で確保する際に活用する。
住宅ローンで、団体信用生命保険に加入しなくてもいいケースでは、ローンの残額と逓減定期保険の保障額が一致するように保険を設計する。

以前ご紹介した収入保障保険とは逓減定期保険のヴァリエーションの1つで、基本的な仕組みに違いはありませんが、保険金を受け取る仕組みが一時金ではなく、年金で受け取れるというものです。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。