基礎知識

保険証券の見方

LINEで送る
Pocket

syoken

保障の基本内容を押さえておこう!

生命保険契約を申し込み、契約が成立すると、1カ月程度で保険会社から保険証券が送られてきます。契約内容に間違いがないか、確認することが大切です。

保険証券は、契約の成立とその内容を証明するもので、保険会社から契約者に交付される書面です。契約の変更や保険金の請求時に必要となりますので、決まった場所に保管し、その場所を家族にも知らせておくようにしましょう。

ただし、手形や小切手などの「有価証券」とは異なるので、仮に紛失したとしても、再発行が可能ですし、保険契約の効力も失われません。

1.保険証券でわかること

保険証券の書式は保険会社によってさまざまですが、記載内容は、いずれも契約内容の柱となる重要な情報ばかり。したがって、保険証券を一目見るだけで、保険の種類、保険金額、保障期間、保険料や解約返戻金の額など、保険内容のポイントがわかります。

自分がどんな内容の保険に加入しているのかを知っておくことは、保険金の請求時や保険の見直しの際にも必要な、大事な確認作業です。

添付の図を見ながら内容を確認してみましょう。(レイアウト等は、証券によって異なります。)

●誰が保険料を払い、誰が保険金を受け取るのか …(B

まずは、契約者名などが記載された(B)欄を確認しましょう。

ここでわかるのは、誰が保険料を払い(保険契約者)、誰が保険の対象者(被保険者)で、誰が保険金を受けとる(受取人)のかという、基本となる契約関係です。

記載の例だと、男性(例えば夫)が自分を被保険者にして、女性(例えば妻)を死亡保険金の受取人にした契約であることがわかります。

●どんなときに保障される保険か …(A)(E

次に、保険の商品名(A)と主契約・特約名の記載欄(E)を見てみましょう。

ここで、どんなときに保障を受けられる保険なのかがわかります。商品名(A)にある「終身保険」が主契約で、さらに(E)欄では、定期保険特約、災害・疾病の入院特約が記載されています。つまり、死亡した時には死亡保険金が支払われ、災害・疾病で入院した時には入院給付金が支給される保険であることがわかります。

●保障額はいくらか …(F

次にチェックしたいのは(F)の保険金額・給付金額です。

ここを見れば、万一の時にどの程度保障されるのか、保険金額や給付額がわかります。

記載の例だと、死亡時に主契約の終身保険から300万円、定期保険特約から5,000万円の合計5,300万円を受け取ることができ、災害・疾病で入院した時には、入院1日あたり10,000円を受け取れることがわかります。

●いつまで保障されるか …(G

続いて(G)を見ると、保障ごとの保険期間が記載されています。この欄で、それぞれの保障がいつまで続くのかががわかります。

●保険料はいくらか …(C

保険料をどのようは方法で、いくら払えばいいのかは、(C)保険料内訳欄でわかります。

●配当金の受取方法 …(D

保険商品名(A)にある通り、この保険は配当金の付いた商品で、それを利差配当で5年ごとに受け取れます。配当金をどのように受け取るかは保険加入時に決めますが、その受取方法を記したのが(D)欄です。

●解約返戻金はいくらか …(H

最後のチェックポイントは(H)欄です。この欄で、解約した時に払い戻される解約返戻金の額がわかります。通常は記載例のように、経過年数ごとの金額を表示してあります。

2.もっと詳しく確認したい時

自分が加入している保険商品の基本となるポイントは、保険証券を見ればわかるようになっています。しかし、例えば万一のことが起きても保険金が支払われないケースなど、さらに詳細な契約条件を知るためには、「ご契約のしおり・約款」「契約概要(設計書・提案書)」などに目を通すようにしましょう。

また、保険会社のコールセンターや担当の営業職員、保険代理店など契約先に確認・照会し、説明を受けるのもよいでしょう。

3.保険証券を紛失してしまったら?

前述したように保険証券は、契約者にとっては契約内容の証拠となる大切な書面です。保険証券がないと、保険事故が発生した際に、保険会社の方で保険契約の存在を確認する作業が必要となり、保険金の請求手続きに時間がかかってしまう場合があります。

保険証券の紛失に気づいたら、直ちに再発行の手続きをとりましょう。保険会社に備え付けの再発行手続書があるので、取り寄せて必要事項を記入し、再発行を申請できます。

また、契約者・被保険者の死亡後に保険証券の紛失に気づいた場合は、まず保険会社に連絡を取り、保険金請求の意思とともに契約者・被保険者の名前、生年月日などを伝え、保険契約の存在を確認してもらうことになります。

保険会社で保険契約の存在が確認でき次第、保険金の請求書類、用紙が送付され、請求手続きが開始されます。

ただし、保険金の請求は3年で時効となるので、注意して下さい。

4.引っ越し・結婚・受取人の変更はすぐに連絡を!

保険会社からは、更新の連絡や満期のお知らせなど、さまざまな重要書類や通知が契約者に送付されます。引っ越しなどで住所が変わってしまうと、こうした通知が届かなくなってしまうので、住所変更の際は、必ず新住所を伝えるようにしましょう。インターネットで簡単にできる場合もあります。結婚や離婚で姓が変わった時も同様に申告が必要です。

また、保険料を給料天引き支払っている人の場合、勤務先が変わってしまった時は、忘れずに支払い方法を変更しましょう。

受取人・契約者を変更したい場合や、離婚に伴って保険契約を解除したい場合なども、保険会社に申し出ることが必要です。ただし、契約関係の変更や解約にはいくつかの条件があり、すべてが認められるとは限りません。

 

shoho

 

 

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。