基礎知識

ライフステージで 変わる 保険選び「定年」の巻

LINEで送る
Pocket

定年イメージ

定年退職する頃には、住宅ローンが終了し、子どもも既に独立しているなど、自分が死亡したときの家族への必要保障額は低くなり、それよりも定年後の生活や医療費の確保など、長生きに向けた対策が必要となる。定年後は、経済面と健康面の二つへの備えを万全に。

定年後、安心して暮らすために保険を有効活用。

定年後以降は高額な死亡保障は不要となるが、配偶者への保障や自分の葬儀費用の資金、また相続対策といった目的での保障を考える時期となる。

このいずれの目的にも適した死亡保険として「終身保険」がある。終身保険にはいくつかの種類があり、支払期間の設定なども様々な選択が可能なので家計の予算や払込期間などを考慮して選択をすると良いだろう。

次に医療保障についてだが、定年後は収入が減るからと、この時期に医療保障を解約する人もいるが、しかし年齢が上がるほど病気のリスクは高くなるので、医療保障はなるべく残しておきたいところ。とくに生活習慣病・要介護状態などに備えた医療保障の確保を中心に見直しをしてほしい。

医療保険はその時代に適した保障に改定を繰り替えしている分野の保険なので、現在加入中の医療保険が今の医療事情に合うものか再チェックをしてほしい。例えば、入院日数は減る方向にあり短期入院が増えているが、その分通院治療にお金がかかったり、がんなどの生活習慣病では、先進医療とよばれる最先端治療が進んでいるが、これには高額費用がかかる。そのため、例えば「生活習慣病」や「がん」など特定の傷病の時に、まとまった給付金を受け取れるようながお勧めである。

また、病気にかかったことがあって医療保険の追加や新規加入を迷っている人は、告知緩和型の医療保険がおススメである。一般の医療保険よりも多少割高だが、既往症があっても加入できる場合があるので確認してほしい。告知緩和型商品は各社によって加入条件が異なっていてA社で加入できなくてもB社ではできる、というケースもあるので比較して選ぶといいだろう。

次に、退職金を受け取った場合には、これを計画的に活用できる一時払いの商品もオススメである。例えば「一時払い個人年金保険」を活用することで、まとまった資金を運用しながら、年々に分けて計画的に受け取れ計画的に活用できる。また、一部を外貨建の商品にすることも、分散投資になるのでオススメである。

学費がなくなった分、老後の貯蓄を充実させ医療保障も確保

定期付終身保険の払込期間満了となり、終身保障と医療保障の部分は保障が継続されるため、あとは不足する三大疾病保障の確保と一生涯保障の追加に加え、退職金運用や計画的活用に保険を有効に利用した。

定年退職と共に、定期付終身保険の払込満了時期も来て、保険を見直すことにしたGさん。追加した保障は三大疾病保障の部分。近年のがんの治療方法に合わせて、通院治療に対応している商品を選択した。このほか、退職金の運用にも保険を活用。計画的な活用と相続対策に向けて、一時払個人年金と、一時払終身保険の二つを選んだ。

DATA

Gさん
夫(60歳)……定年後は再就職予定、妻(60歳)……専業主婦
収入……定年後 夫250万円予定
毎月の支出……生活費25万円(預貯金・退職金で一部補填)
万一のとき
死亡時……1200万円

保険見直し例

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

小原 おばら  健志 けんじ   ファイナンシャルプランナー、相続診断士

1968年9月生まれ、東京都板橋区出身。
専修大学経済学部卒業後、信用金庫8年勤務し、1999年〜保険業界へ
生命保険について「整理整頓」されたい方、ご相談お待ちしております。

 

株式会社グッドウイン
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-22-1
代々木1丁目ビル9階

TEL/03-6276-1600

http://www.goodwin-net.co.jp