基礎知識

ライフ ステージで 変わる 保険選び「結婚」の巻

LINEで送る
Pocket

ライフステージで変わる保険選び

結婚をしたら、まずは、大黒柱となる人の死亡保障を中心に、夫婦それぞれの医療保障も確保していこう。
保険選びは夫婦一緒に考えるのがコツ。もしも互いの保険加入内容を知らないと、保険金請求しないままになることもあるので気を付けて!

独身時代の保険の、何を残し何を見直すか

結婚をしたら「自分が万一の時のパートナーの生活を守る」という観点で保険を選ぶことが大切だ。

まずは独身時代の、お互いの保険内容を確認してみて、どの保障を残し、どの部分を見直すかを検討する所から始めよう。名義・住所の変更や保険金受け取り人の変更など、必要となる事務手続きも合わせて確認しておこう。 現代は、結婚後も夫婦共に仕事を持ち、二人の収入で家計を支えていく夫婦も多い。すると、どちらの収入が途絶えても家計に影響を及ぼす点を考慮しよう。

つまり夫婦の保険選びは、共稼ぎか、あるいは専業主婦かによって、選ぶ保険が異なる点を認識してほしい。
死亡保障は、夫婦が若く子どもがいないうちは小型の保障で充分だが、近い将来子どもがほしいと考えているなら、若く保険料が安いうちに早めにある程度の高額保障を確保するのも手だ。

夫の死亡保障は、「なるべく安く必要保障を確保する」という観点でえらぶのがよい。すると掛け捨て保険の方が安く効率よく必要保障を確保できる。具体的には「収入保障保険」や「定期保険」などがこれに当たる。
更に予算が取れるようなら、貯蓄性があり一生涯保障の「終身保険」も合わせて確保してもよい。
妻の死亡保障については、共稼ぎの場合、妻もある程度の死亡保障が必要となる。専業主婦の場合は、死亡保障額を抑えて貯蓄性商品を選ぶなど、使い分けるといいだろう。
このように、死亡保障は「家族のためのもの」として必要保障を確保する場合に適している掛け捨てタイプの商品と、貯蓄性があるような「自分の老後や子供の学資金のためのもの」とを、分けて考えるのが、無駄のない保険選びのコツとなる。

次に医療保障は、入院・手術の保障に加えて、がんや生活習慣病など高額な医療費がかかる病気への備えも含めて検討するのがいいだろう。また、女性の場合、商品によって妊娠中や出産直後は医療保険に加入できない場合もあるので、早めの準備が大切だ。

保障と貯蓄を明確に分け無駄を省いたことで、貯蓄性もアップ

夫も妻も独身時代は総合型の保険に加入。結婚を機に保険を見直して、専業主婦の妻の保障額を抑え貯蓄性をUP。夫の死亡保障はシッカリ確保して終身保障も同時確保。予算を抑え貯蓄性は上がって大満足!

Bさん夫婦は結婚を機に奥様が専業主婦に。そのため奥様の保障額を減らし貯蓄性を上げ、なおかつ夫の死亡保障はシッカリと確保。医療保障は特約を活用して、がん保障や、女性疾患もカバーした。死亡保障・医療保障・老後の貯蓄と一生涯保障というように、目的別に商品を分けたことで、わかり易くスッキリした内容になった。

DATA

Bさん ご夫婦
夫(29歳)……会社員 妻(27歳)……専業主婦
収入……年収400万円 毎月の支出……生活費15万円
万一のとき
夫死亡時……月額15万円(300万円) 妻死亡時……300万円
入院(夫婦共)……日額5000円

保険の見直し例(結婚)この記事はムック本でも読むことができます。→Amazon

 

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

岩田 イワタ  あおい アオイ   ファイナンシャルプランナー・トータルライフコンサルタント

国内大手生保から総合代理店に転職。
来店型店舗の店長を歴任し現職(マネージャー)。
業界歴20年で、生損保・資産形成の相談件数は5,000件を超える。

 

株式会社トラストファイナンシャルプランニング
〒670-0947
兵庫県姫路市北条-113 ミヤビビル1階

TEL/079-280-3200

http://www.hoken-himeji.com