Ranking保険のベストプロ

富永 トミナガ   淳一 ジュンイチ  

2級ファイナンシャル・プランニング技能士
住宅ローンアドバイザー
相続知識検定3級

プロフィール

1978年生まれ、神奈川県横浜市出身。大学卒業後、旅行代理店に就職。いくつかの業界を渡り歩き、ヘッドハンティングが多いこの業界で自ら保険代理店に転身する。業界経験が短いからこそ、お客様に一番近い立場で本当に必要な保険を提案できるプランナー。

富永 淳一さん インタビュー

安心感と納得感を与えてくれるプランナーと出会おう!

様々な業界で仕事をしてきた経験は大きな財産

色んな人との関わりってとても大事ですよね。違う世代の人たちや違う価値観を持つ人たちと関わることで多くの勉強をすることが出来ます。学生時代にはワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアで生活したことがすごく勉強になりました。この仕事はまさに多くの人とお会いすることが基本。なので毎日とても楽しく仕事をさせて頂いております。

保険は目に見えない商品なので、お客様は最終的に営業マンの「人としての魅力」で契約を決めます。内容や金額に対しての納得感などを積み重ねていき、最後に営業マンに対して納得できたときに、心から満足するのではないでしょうか。そして営業マンの価値を上げる一つの要素は経験だと思います。

これまでに旅行業界、IT業界、電子機器の製造業と違う業界で働いてきましたが、最後に選択したのがファイナンシャルプランナーという仕事。すべての経験が現在の仕事に活きています。私の経験談や知識が、お客様の保険選びの際にもプラスとなれば幸せです。

仕事上の経験そのものだけでなく、それぞれの職場で知り合った仲間も大切な財産です。昔の仲間とは今でも交流が続いていて、休日にフットサルやゴルフを楽しんでいます。家族や友だちを連れてくるので、その中で結婚するカップルも生まれ、交流の輪はどんどん広がり、ホームパーティーなども定期的に開催しています。まずは彼らのようにこれまで支えて きてくれた方々のライフプランナーとして、恩返しができたらいいなと思っています。

無駄を省く行為は将来の利益に生まれ変わります

pro015_i2よく内容を理解していない保険商品に対して、お金を払い続けている方は多いのではないでしょうか。納得感なしにこんなに高い買い物をするのは保険くらいですよね。まさに私も数年前まで客の立場で同じ思いをしてましたので非常によくわかります。でも、たとえば月に3万円の支払いを30年続けたら、総額は1000万円以上になります。保険料はじつはとても大きなコストなんですよ。逆を言えば、必要なものだけをキチンと選択し無駄を省けば、数百万円削減も可能です。この事を教えて頂いたのが私の保険を担当してくれたプランナーでした。私も多くの人に伝え、喜んで貰いたいと思いこの仕事を始めました。

私の理想は「お客様の友人であること」です。仕事を始めた当初は勉強した知識を一生懸命伝えることに集中してました。それが一番だと思っていたのですが、あまりうまくいかなくて。なんでだろうと考えたとき、お客様の想いをちゃんと聞いてないことに気づきました。一方的に話続けていたんですね(笑)。いまは、話を聞いて、想いに応えられるような解決策を提示することに注力しています。その事を誠意をもって一生懸命やることが自分にできる事だと思ってます。

保険は契約するスタートも大事ですが、一番大事なのは保険金を受け取る時。お客様と担当者は一生涯のお付き合いになるんです。ということは、できるだけ長く良好な関係が続けられる担当者選びが必要なんではないでしょうか。

もし一生涯の友人として私を選んで下さるならば、最大の誠意と愛情をもってお付き合い することを約束します。

自己満足で終わらないための保険選びとは

最近疑問に思うことがあるんです。何のためにみなさん保険に加入しているのでしょう?

生命保険は困った状況をお金で解決する手段です。だから、すべてに目的が必要なんです。世帯主の方が万が一亡くなった時の残された遺族の生活費や教育費。病気、けがで入院した際の医療費、等々。その金額は家庭によって千差万別です。しかし、その金額(目的)を保険の営業担当者に任せている方が多くいます。そして、いつの間にか、保険に加入することが目的になっているなんてことも。

最近は託児つきカフェでのママ向けの保険相談会にも積極的に取り組んでいます。話を聞いているとご主人が加入している生命保険の内容を全く知らない方がとても多くいらっしゃいます。

たとえば、家計の事はお母さんに任せているお父さんが、自分ひとりの判断で保険に加入した場合、残された家族が思い描く生活ができる金額を残せそうでしょうか?残せなかった場合、せっかく毎月払っていた保険料が無駄になってしまうこともあるかもしれません。いい機会なので、一度ご夫婦でお互い加入している保険の内容が足りているのか、多すぎるのか、不足しているのか確認してください。もしかしたら残す立場と受け取る立場の思いにギャップがあれば修正しましょう。

ただ、保険の証券を見ても分からないことがあるかもしれません。その際はご夫婦で一緒に相談に来ていただけたら嬉しいです。健康体だったり、たばこを吸ってなかったり、ゴールド免許を持っていたら大きな割引のある保険会社もあります。より良い商品をご紹介することもできるかもしれないです。一人でも多くの人に無駄のない保険に入ってもらいたいと思います。

私はお客様に安心と納得を提供できる、「愛情いっぱいのファイナンシャルプランナー」であり続けます。それがこれまで支えてくれた仲間や家族への恩返しにも繋がると思っています。

【 インタビュアーの目線 】

これほどまでに転職経験が強みとなっている方はなかなかいません。「まだ半人前ですから」と謙虚さや向上心を持ち続けられるのは、この経歴があればこそ。保険業界に入る前にFPや住宅ローンアドバイザーの資格を取得し土台を作り、現在も空いた時間には勉強会やセミナーに参加する富永さん。お客様とは? の質問に「感謝しかありません。契約を頂く度に、この方を守っていこう、と覚悟するんです。」とおっしゃっていました。

所属会社

株式会社Mapフィナンシャル

住所

〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-19 FUMIビル3F

ウェブサイト

http://map-f.co.jp/

お気軽にご相談ください

03-6457-7348

保険のギモン、すべてスッキリ。│ほけんキューイング