その他

少額短期保険(ミニ保険)って何?

LINEで送る
Pocket

pet

はじめに

2006年4月に改正保険業法が施行され、それまで無認可で共済を運営・管理していた業者・団体が保険業法の規制の対象となりました。

以降、少額短期保険業者か、保険会社(生保、損保)に事業形態を変えたところ、また廃業したところなどざまざまですが、新たに少額短期保険に新規参入する企業もでています。

少額短期保険とは、一定の事業規模の範囲内で、なおかつ取り扱う商品の保険金額が「少額」・保険期間が「短期」(1年、損保分野は2年以内)である保険事業者を言います。

平成26年5月現在、77事業者が登録されています(一般社団法人 日本少額短期保険協会登録会社数)。

ニッチなニーズにこたえる多彩なランナップが魅力

少額短期保険は、生損両分野が認められているため、多彩な商品が販売されており、中には、一般の保険では補填できないような分野の商品もあります。

主な分野を紹介すると、一番多いのは「家財・賠償保険」の分野だが、賃貸契約を結ぶ際に同時に契約する家財保険を取り扱う少額短期保険会社が複数社存在します。

また、地震災害の費用を補償する保険もあります。

「生保・医療」分野では、1年更新タイプの医療保険や死亡保険が扱われています。1年更新なので若い人ほど保険料が非常に安くなるほか、糖尿病患者向け、高齢者向け、知的障がい者向け、心の病の人向けといった、普通の医療保険では保障できない部分をカバーする保険などもあり注目を集めています。

続いて、ペット保険も、少額短期保険が多い分野です(一部、一般の保険会社もある)。大切なペットの医療保障として、今、加入者は右肩上がりに増えています。

この他、各種の費用保険(地震費用、レスキュー費用、弔慰見舞金、弁護士費用など)があり、この分野も注目されています。

ニッチな分野の商品が多く、ユニークな保険が勢揃いしているのが少額短期保険の特徴と言えるでしょう。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。