基礎知識

保険には免責期間というルールがあることをご存知ですか?

LINEで送る
Pocket

deadline2

はじめに

保険でよく出てくる「免責」という言葉。「免責」とは、保険会社が保険金や給付金などを支払う責任を免除されるという意味です。そして、その責任が免除される期間ことを「免責期間」と言います。加入する保険によって免責される期間や条件は異なりますが、ガン保険や、医療保険、生命保険などにはたいてい「免責期間」が設けられています。契約前に必ず確認しておきましょう。以下に、具体例をご紹介します。

ガン保険の保障開始までは、3か月近くもの「待ち期間」があります!

ガン保険は契約後、すぐに保障が開始されるわけではありません。ほとんどの場合、契約日から90日または3か月などの「待ち期間」(免責期間)があります。
ガンという病気は性質上、自分では気づきにくい病気です。また、家族などが本人に病名を知らせていないケースがあります。このため、実はすでにガンと診断されているのに、本人はその事実を知らないために申し込んでしまうこともあり得ます。さらに、ガンと知りつつ加入してしまう違法行為を考える人もいるかもしれません。このようなことを防ぐためにも「待ち期間」は設定されています。
この期間中にガンと診断されても、「免責」とされ保障の対象にはなりません。契約は無効となり、それまでに支払った保険料は返金されます。
(※最近ではがん入院給付金やがん手術給付金、がん通院給付金において「待ち期間」のないタイプの商品も登場しています。)

 

保険契約が失効してしまっても、「復活」を請求できます。

たとえ、契約が失効(契約の効力がなくなり、保障がなくなること)してしまっても、一般的に猶予期間の満了日の翌日から3年以内であれば「復活」という制度により、元の契約に戻すことができます。ただし、「復活」には、改めて告知または診査が必要になる他、失効期間中の分も含め未払いの保険料を一括で払い込む必要があります。生命保険会社によっては所定の利息(複利)の払い込みも必要となります。
なお、「復活」を希望しない場合で、解約返戻金がある場合は、解約手続きをすれば解約返戻金を受け取ることができます。解約をした場合、「復活」することはできません。

自殺だと保険金は支払われない?!

最後に生命保険の「免責期間」についてです。万一の際に保障される生命保険ですが、被保険者が自ら命を絶った場合に保険金は支払われるのでしょうか。
商法上は、被保険者が自殺した場合、保険金を支払わなくてよいと定められています。でも、実際には「自殺免責期間」という期間を定め、契約時から一定期間の自殺についてのみ、保険金を支払わないとしている保険会社が多くなっています。これは保険金目当てで契約し、自殺するというような、不正かつモラルに欠ける事件を起こさないため、というモラルリスクの観点から設けられているようです。この「自殺免責期間」は、保険会社によって異なりますが最近は、2年から3年が一般的となっています。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。