基礎知識

「告知義務違反」をしても2年経てば大丈夫?

LINEで送る
Pocket

「告知義務違反」をしても2年経てば大丈夫?

告知義務とは

生命保険は、人々が保険料を出し合って、相互に保障しあう制度です。はじめから健康状態の良くない人が健康な人と同じ条件で保険に加入すると保険料負担の公平性がなくなってしまいます。したがって、新規の契約時には、契約者または被保険者は、過去の傷病歴、現在の健康状態、職業(特に危険な職業では加入できない場合も)などについて告知書や生命保険会社の指定した医師の質問に事実を告げる必要があり、これを告知義務といいます。
では、もし、ウソをついたり、告知すべきことをし忘れて保険に加入した場合、どうなるのでしょうか。

“正しい告知”をしないと「告知義務違反」になります。

現在の健康状態や過去の病歴などについて、事実を告知しなかったり、事実と違うことを告げたことが発覚すると告知義務に違反したことになります。たとえ加入できたとしても、いざ給付金や保険金の支払いを請求する場面になると、病歴が記された診断書の提出が求められたり、保険会社による調査などが行われることになります。

「告知義務違反」が発覚したらどうなる?

「告知義務違反」が発覚した場合、保険会社は契約を解除することができます。解除とは、保険期間の途中で生命保険会社の意思によって保険契約を消滅させることを指します。解除された場合、それ以前に給付金や保険金の支払事由が発生していても、支払われません。
ただし、保険事故の原因と「告知義務違反」とされる内容に、まったく因果関係がないと判断されたときは、給付金や保険金が支払われる場合もあります。また、解約返戻金のある保険であれば、保険契約を解除された場合でも支払われます。

「告知義務違反」をしても2年経てば大丈夫のウソ!

約款の規定によれば、「告知義務違反」で保険会社が契約を解除できるのは、責任開始日から2年以内でその事実を知ってから1か月以内とされています。「それならウソをついて加入しても、2年間黙っていれば大丈夫なの?」と思う人がいるかもしれませんが、これは、あくまで解除ができないという規定であって、保険金が支払われるということではありません。
「告知義務違反」の内容が特に悪質で重大であるとみなされた場合は、詐欺による無効を理由として、経過年数にかかわりなく、給付金や保険金は支払われません。もちろん、すでに払い込まれた保険料も戻ってきませんので、加入の際には正しい告知を行いましょう。

 

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。