学資保険

子どもが生まれたからといって飛びつく前に知っておきたい学資保険のこと

LINEで送る
Pocket

子どもが生まれたからといって飛びつく前に知っておいきたい学資保険のこと

はじめに

学資保険は、子どもの教育資金を積み立てる手段として、根強い人気のある保険です。けれども、どんな保険にも、当然メリット・デメリットがありますので、やみくもに飛びつく前に、その必要性や仕組みをしっかりと理解しておきましょう。

1ヵ月あたりの教育関係費(世帯主年齢階級別)

教育資金の準備開始時期

親に万一のことが起きても教育費を準備できる学資保険

子どもの教育費を準備するための保険が、学資保険。子どもが18歳程度になるまで保険料を払い込み、中学や高校入学時には祝金を、大学入学時には満期金を受け取るタイプが一般的です。

保険料を払い込んでいる途中で、契約者(一般的には世帯主)に万一のこと(=死亡)があった時には、それ以降保険料の払込みが不要になり、進学時の祝金や満期金などは契約通りに支払われます。このように、家計を支える人に万一のことが起きた場合でも、教育費を確保できることが、学資保険の最大の特徴と言えるでしょう。

もちろん、預貯金で教育費を準備する方法もあります。しかし、預貯金には保障機能がないため、お金を積み立てている最中に万一のことがあると、十分な教育費の確保ができず、教育プランの変更を強いられかねません。万一の時の保障がついていることにより、不測の事態が発生しても教育費を確保できることは、学資保険の大きなメリットです。

ただし、学資保険は貯蓄型の保険ではあるものの、現在は低金利の影響で予定利率が低いため、払い込んだ保険料よりも、祝金や満期保険金などで受け取る合計額が少ない場合もあります。元本割れしないかどうかも、加入する際にはしっかりチェックが必要です。

また、預貯金ではなかなか積み立てが続かない家庭にとっては、学資保険なら「続けなければ損」という気持ちから、保険料を払い続けやすいというメリットも考えられます。とはいえ、進学時に資金がいくら必要なのかを考え、無理のない範囲の保険料で続けることが、確実な教育費の準備につながるということに変わりはありません。

学資保険のイメージ

進学プランで教育費は変わる! 終身保険で教育費の準備も

教育費は子どもが小さいうちから準備することが肝心な点。特に、高校入学を迎える時期からは、家計の支出に占める教育費の割合は大きくなりがちです。子どもの希望をかなえるためにも、確実に教育資金を準備したいところです。

学資保険は、子どもの年齢17歳、18歳満期など、満期金の受け取り時期を選ぶことができ、満期までの節目の進学時には祝金を受け取るのが一般的。子どもの進学コースに応じて、どの時期に最もお金が必要かを考えて契約しましょう。

また最近では、低解約返戻金型の終身保険を、教育資金の準備に利用する方法もポピュラーです。保険料の払込満了を子どもの進学時期に合わせるのがポイントですが、払込満了前に解約すると元本割れすることがあるので、一定期間は解約しないことが前提となります。

おわりに

自分でコツコツ貯金ができる人は、学資保険でなくても構いません。国債や投資信託などの金融商品を学資資金の積立に使っても良いと思います。

但し、ある程度の利回りでリスクも低い商品となると、学資保険は有効な選択肢の一つといえるでしょう。

子どもが小さいうちは、大学へ行くようになる事を想像するのは難しいものですが、時の流れは早いもの。中学生や高校生になってから貯蓄を始めても大した額は貯められません。学資保険で半強制的に積み立てていくのも悪くない選択でしょう。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。