がん保険

治せる病へと変わってきた?≪がん保険≫の選び方とは

LINEで送る
Pocket

治せる病へと変わってきた?≪がん保険≫の選び方とは

はじめに

がんは、医療技術進歩と共に、不治の病ではなく「治せる病」へと変わってきました。しかし、問題は高額な治療費用です。がんに立ち向かう人をサポートする、がん保険の選び方とは、どんなものでしょう?

診断一時金と通院保障の秀逸性に注目

がん保険は、先進医療保障をはじめ、入院・手術・長期通院治療などで高額となる治療費に備えることを目的とした保険商品です。

一般的ながん保険の基本構造は下記のように、がんを発病した時にまとまった金額を受け取る「診断一時金(診断給付金)」と、「がん入院給付金」および「がん手術給付金」を柱として、これに各種の特約がセットされる仕組みのものが多数を占めます。

一般的ながん保険の仕組み

また近年のがん治療の傾向をみると、長期間入院せずに、通院治療を主体とする傾向がああります。そのため、がんの入院保障よりも、「診断一時金」のようなまとまったお金の給付や、「通院治療に対応する通院特約」、「先進医療特約」などがセットされている商品の方が、現在のがん治療体制に合致している商品と言えるでしょう。

診断一時金の給付条件の違いに注意

がんと診断された時にまとまった金額が給付される「診断一時金(診断給付金)」は、商品によって給付条件が微妙に異なるため、この違いは一見しただけでは非常にわかりにくいものとなっています。できればプロに相談して選んでもらう方が良いでしょう。

また、旧式のがん保険では、診断一時金は【初回の一度だけ給付】されるタイプが多くありました。しかし近年の商品は、一定年数経過後の再発時などに、再度、診断一時金が支払われるものが多い傾向があります。この再給付の条件にも各社違いがあり、商品によって1年ごと、2年あるいは5年後以降としている場合や、再発時のみ、または継続治療中でも支払うなど、様々に条件が異なっています。この点をよく理解して比較の上、なるべく条件の良い商品を選択することが重要です。

おわりに

各社の商品は、一見すると同じように見えても、微妙に条件に違いがあります。この違いをよく見極めて有利なものを選ぶことが非常に大切です。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。