個人年金保険

外貨建て保険はお得?

LINEで送る
Pocket

gaika

はじめに

外貨建て保険とは、保険料、保険金・年金・解約払戻金等の払込、支払が外貨建てで行われる保険のことです。保険としての基本的な仕組みは円建ての商品と同じです。個人年金保険、終身保険、養老保険といった貯蓄性のある保険に外貨建ての商品があります。

取扱っている外貨は、米ドル、ユーロ、豪ドルなど政情の安定した国家の通貨が主流です。

保険の基本的な仕組みが、円建て通貨と同じだとすると外貨建ての保険商品にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょう。

外貨建て保険のメリット・デメリット

メリットは大きく分けて次の3つがあります。

1.低金利の日本円に比べより高い金利の通貨で運用するので、貯蓄性で有利。

2.予定利率が高いので保険料が安い

予定利率が高いほど保険料は安くなり、予定利率が低いと保険料は高くなります。終身保険や養老保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険ほど、高い予定利率が有利に働きます。

3.満期時・解約時に契約時より円安になっていれば、為替差益が得られる。

次にデメリットですが、これはメリットの3と相反する関係にあります。満期時・解約時に契約時より円高になってしまうと為替差損を被ることになります。過去の為替レートの履歴を見てもらうとわかるように数年間で大きく変動することもあるので注意が必要です。(注意できるものでもないのですが・・・)為替差損が積立利率から得られるプラス分を上回ると元本割れ(支払った保険料より受取る満期保険金額や年金額が少なくなること)する可能性もあります。

この為替リスクに対する対策ですが、据置期間を設けている商品や据置期間を延長できる商品があるので受取のタイミングをずらして円安になるのを待つというのもあります。

また、外貨のまま受取れる商品もありますので、たとえば留学資金の準備や海外旅行の費用に充てるなど、外貨のまま使うのであれば為替リスクは発生しません。

その他のデメリットとしては、外貨と円の換算の際に為替手数料がかかるというのがあります。

リスクをよく理解して納得してから契約しよう

このように外貨建て保険はメリットもある反面、リスクのある保険商品です。特に契約時に円高といわれている状況であれば一時払いの商品には大きな魅力があります。ただ、10年後、20年後の社会情勢は誰にも予測することはできません。商品内容をよく理解し、損益分岐なども考えた上、契約しましょう。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。