その他

火災保険、保険がおりるのは火事の時だけ?

LINEで送る
Pocket

taihu

はじめに

今年は、台風の当たり年で窓ガラスが割れたり、瓦が飛んでしまったりといった被害にあわれた方も多いのではないでしょうか。でも、もしかすると被害金額の大半を保険でカバーできるかもしれません。

火災保険の補償範囲

「火災保険」は文字通り火災等の災害による損害を補償するための保険ですが、補償の対象となるのは火災だけではありません。
火災をはじめ、落雷・風災・ひょう災・雪災といった自然災害、また、盗難なども火災保険の適用範囲になりえます。(商品によって補償範囲は異なり、対応できるリスクの範囲が広い火災保険を「住宅総合保険」、基本的な補償のみのものを「住宅火災保険」と呼んで区別しています。)ただし、地震による火災は補償されませんので、ご注意ください。(地震による火災を補償するのは地震保険です。地震保険に加入していないと、地震による火災だけでなく、地震等を原因とする損害や火災が地震等によって延焼・拡大したことにより生じた損害についても補償されません。)
また、保険の対象ですが、建物だけを対象とさせるのか、それとも家財も含めるのかなど、最近の損害保険はカスタマイズできるようになっています。対象が広ければ当然、保険料も高くなります。

支払われる保険金はどうやって決まるの?

このところ、医療保険でも実損てん補型といって実際にかかった費用が支払われるタイプの商品がありますが、火災保険では被害に応じた保険金が払われます。いくら支払われるかは、損保会社の査定によって決まります。
また、火災保険の場合、商品にもよりますが、数万~20万円以下の損害は免責となっている保険がほとんどです。例えば免責が5万円の契約だったら、窓が割れたり、浸水したりといったことで生じた被害の損害額が5万円を上回れば保険金が払われます。
たとえ、被害がそれほどではないと感じても、保険会社は契約者の申し出には必ず応じなければいけない義務がありますので、保険金がおりるかどうかは別にして、火災保険に加入していて災害などの被害にあったら、損保会社に申し入れることが大切です。

保険証券の見直しを!

特に住宅ローンを組んで自宅を購入した方は、火災保険の細かい保障内容を知っている方は少ないのではないでしょうか。そのため、請求漏れで保険金をもらいそこねているケースはかなり多いと思います。
この記事を読まれた方は、火災保険証券を取り出して、補償内容を確認されることをお勧めします。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。