基礎知識

知らないうち(?)に入っている生命保険

LINEで送る
Pocket

jutaku

住宅ローンを組んだ時に加入する保険がある

もし、一家の大黒柱に万一のことがあった場合、返済中の住宅ローンは誰が支払うのでしょうか?
1.残された家族が頑張って支払う
2.ローンを組んでいる銀行が払ってくれる
3.保険会社が代わりに支払う
答えは
3.保険会社が支払う です。
住宅ローンを利用してマイホームを購入すると、ほとんどの場合「団体信用生命保険(団信)」に加入することになります。この保険のお陰でローン返済者に万一のことがあっても、住宅ローンの残高は保険会社が支払ってくれるのです。

団信のお陰で必要な保険金額が減らせるかも

住宅購入前に生命保険に加入されている方は、家族の生活費を考えて保険金の額を決められていると思いますが、生活費の中で大きな部分を占める住宅費(住宅ローンの残金)の部分が団信で保障されるので、その分の保険金額を減らして、保険料を節約することができるはずです。
保険の見直しで新しいインテリアが買える?

たとえば、住宅購入前に5,000万円の死亡保障に入っていたとすると、住宅ローンが3,000万円なら2,000万円の保障で充分かもしれません。5,000万円と2,000万円の死亡保障では保険料にかなりの差があるはずです。

団信の注意点

でも、住宅ローン返済中に死亡ではなく病気やケガで入院してしまった場合、毎月の住宅ローン返済はどうなるでしょう?

このような場合、所定の高度障害状態になった場合を除いて、団信では保障されません。住宅ローン分を保険でカバーしようとするなら、その分医療保障を手厚くしたり、就業不能保険(→http://www.lifenet-seimei.co.jp/product/disability/)などを検討するのも良いかもしれません。また、最近は住宅ローン返済中の人向けに、がんなどの生活習慣病や就業不能状態になった場合のローン返済を補償する、疾病保障付きローンも登場していますのでそちらを利用するのも手です。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。