基礎知識

受取った解約返戻金に税金はかかりますか?

LINEで送る
Pocket

money

保険会社は将来の保険金の支払いに備えて、保険料の中から所定の割合を積み立てていますが、保険契約を途中で解約した場合は、その積立金の一部が、契約者に払い戻されます。その払い戻されるお金のことを解約返戻金(かいやくへんれいきん)といいます。
さて、その解約返戻金の税制上の扱いですが、所得税(一時所得)の対象になります。
一時所得の金額は、受取った解約返戻金から保険会社に支払った保険料合計額を差し引いた後、さらに50万円の特別控除を差し引いた金額になります。(解約返戻金以外にも一時所得がある場合は、すべての一時所得を合算した額から、それらの収入を得るために支出した金額を差し引き、さらに50万円の特別控除額を差し引きます)。

一時所得の金額=解約返戻金-払込保険料合計額-50万円

そして、課税の対象となるのは、さらにその一時所得の金額を2分の1にした金額です。つまり、解約返戻金が払い込んだ保険料合計額よりも少ない場合や、解約返戻金が50万円を超えない場合は、受取った解約返戻金には課税されません(ほかにも一時所得がある場合を除く)。

なお、契約者と保険料を負担した方が、別人の場合は、贈与税の対象になります(例:契約者が妻、保険料負担者が夫など)。また、保険料を一時払や前納でお支払いいただいている場合は、源泉分離課税の対象になることがあります。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。