基礎知識

貯蓄や年金にもなる保険って?

LINEで送る
Pocket

1118

保険でお金を貯めるメリットとデメリットは?

保険の本来の目的は、死亡保障や医療保障など、いざという時の経済的な備えです。

しかし、保険の中には保障だけでなく、お金を貯めることのできる保険があります。単純にお金を貯めるだけなら、銀行の預貯金でもできますが、保険でお金を貯めるときのメリットとはなんでしょうか。

まず、毎回の保険料を払い込む必要があるので、「貯蓄しようと思ったけど、使ってしまった」ということがなくなります。また、保険では基本的に預貯金と違って払い込んだ保険料の一部を途中で引き出すことができません。つまり、強制的に続ける仕組みが保険にはあるのです。(途中で解約することはできます。)

また、税金面の優遇措置もあります。例えば、養老保険は「一般生命保険料控除」、個人年金は「個人年金保険料控除」のそれぞれ対象になるので、払い込んだ保険料によって、所得税や住民税を軽減することができます。

ただし、デメリットも考えておきましょう。保険はほとんどの場合、途中で解約すると、解約したときに戻ってくるお金(解約返戻金)は、払い込んだ保険料を下回るケースが多いです。解約せずに、最後まで続けるという心構えが大切です。(一定期間を過ぎると解約返戻金が払込保険料の総額を上回る保険もあります。)

保障と貯蓄の2つの機能を負った養老保険

貯蓄できる保険の代表は、養老保険です。万一、保険期間の途中で死亡した場合には、死亡保険金を受け取ることができ、無事に満期を迎えた場合には、満期保険金が受け取ることができます。満期保険金と死亡保険金は同額なので、お金を貯めながら、万一の死亡時にも備えることができます。

養老保険は、満期までの期間や満期年齢を決めて契約しますが、満期金があるので、保険料は他の保険種類に比べると割高です。途中で解約した場合、解約返戻金は払い込んだ保険料を下回ることがあるので、最後まで続けることが前提になります。そのためにも、無理なく続けられる保険料で加入しましょう。

養老保険は、死亡保障として利用するよりも、貯蓄の機能を活かして、将来のための資金作りに利用されます。例えば、定年の時期に満期を合わせて老後資金作りや、子どもの教育資金作りに利用できます

親の万一にも教育資金を確保できる学資保険

子どもの教育資金作りには、学資保険が利用されます。進学時期に合わせて祝い金が受け取れるほか、満期が来ると満期を受け取れます。祝い金や満期金を受け取る時期は、いくつかのパターンが用意されている場合があります。

学費保険の大きな特徴は、契約者(通常は親)が死亡すると、それ以降の保険料払込みが免除されることです。免除になっても満期金は受けとれます。

また、最近では学資保険以外に、低解約返戻金型の終身保険が、教育資金作りに利用されることがあります。保険料の払込み終了時期を子どもの進学時期に合わせて契約し、払込終了後に解約返戻金が増えたところで解約して、教育費に利用する方法です。このケースでも、被保険者を契約者(親)にすると、親の死亡にも備えることができます。

将来の年金を自前で用意できる個人年金保険

個人年金保険は、老後の資金作りに絞った保険です。一定期間保険料を払い込むと、60歳あるいは65歳などの年齢から、年金として受け取ることができます。

年金を受け取る期間は、10年間など一定期間だけ生死に関係なく受け取る「確定年金」、生きている限り受け取れる「終身年金」、年金の受取り期間を決めて、生きている限り受け取ることができる「有期年金」などがあります。保険料の払込期間中に解約すると、元本割れする可能性があります

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。