その他

キャリアアップは、雇用保険からお金をもらおう!

LINEで送る
Pocket

caliup

失業時の備えだけじゃない!?知らないと損する雇用保険からの給付

専門的な知識、技能を身につけることは、収入アップをもたらします。また転職を考える場合も、資格取得は履歴書で自身をアピールする有益な手段のひとつです。

でもキャリアアップのための学びも、実現するには結構お金がかかります。将来のために必要なことと思っても、その金額負担に躊躇してしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなときに役にたつのが雇用保険からの「教育訓練給付金」です。

教育訓練給付金とは、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し終了した場合、本人が支払った費用の一部を雇用保険が支給する制度です。難しい資格取得講座であっても、終了すると給付が受けられますので、モチベーションアップにも一役買いますね。

教育訓練給付金を活用しよう

この制度は、雇用保険の被保険者であった期間が3年以上ある方が対象です。また離職者だけではなく、在職者も対象ですから、お勤めをしながら勉強をすることも可能です。更にしばらくの間、初めてこの制度を利用しようとする方には、雇用保険の被保険者期間が1年でも認めてくれる特例を設けてありますから、関心ある方は雇用保険の窓口であるハローワークにぜひ問い合わせをしてみたらよいでしょう。

給付は、教育訓練費用の20%に相当する金額です。ただし上限があり、10万円を超えても10万円が限度で、また4千円を超えない場合は支給されません。

給付金を受けるためには、厚生労働省が指定する機関の講座を受ける必要があります。関心ある分野に指定講座があるかどうかを検索するシステムがありますから、利用してみるのも良いでしょう。事務系、医療系、情報処理系、技術系などかなりの講座が用意されています。

厚生労働省講座検索システム → http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza

さらに専門分野で知識を深めたいという方には、「専門実践教育訓練給付」という制度があります。こちらは最大3年間におよぶ教育訓練に対し助成が行われ、その額も本人が負担した費用の40%に相当する額となります。1年間の支給額上限は32万円ですから、3年間最大96万円の給付が受けられます。また資格取得後1年以内に雇用された方あるいはすでに雇用されている方については、かかった費用の20%の追加支給も行われます。これらすべてを受給できると最大144万円になりますからかなりの好条件です。

この他にも、求職者支援対策として無料で受けられる教育訓練も多数あります。中には雇用保険に加入していない方でも利用できる制度もありますので、積極的に活用したいものです。

実は筆者もファイナンシャルプランナー資格は、失業手当を受給しながら求職者支援対策コースで専門学校に通い資格を取得しました。またその後同資格の上級講座受講の際は、教育訓練給付金を受給しました。求職中は収入も途絶え、これからの生活を考えると何かと不安になってしまいがちですが、これらの制度のおかげで今後の自分の進む道をじっくり考える良い機会を得ることができました。

私たちがライフプランを考える上で、いかにして収入を得ていくかはとても大きな課題です。お金が全てでは決してありませんが、収入が少ないことで、人生の選択肢が狭まってしまうのはとても残念なことです。

雇用保険の窓口であるハローワークはなかなか敷居の高い施設かも知れませんが、私たちの生活を支える公共の仕組みのひとつですので、一度その役割を調べてみるのも良いかと思います。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

山中 ヤマナカ  伸枝 ノブエ   心とお財布を幸せにする専門家

金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数。 個人相談も多く手がけ、年金、ライフプラン、資産運用を特に強みとしており、具体的なソリューション提供をモットーとしている。株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役。

⇒ 山中さんのインタビュー記事・ご相談はこちら