がん保険

がんに罹ったのにがん保険がおりないことって!?

LINEで送る
Pocket

gagan

はじめに

がんには、上皮内新生物と呼ばれる、腫瘍細胞が上皮内にとどまっており「浸潤」していない状態のものがあります。
上皮内がんではないがんは、悪性新生物などと呼ばれます。どちらもがんであることには変りないのですが、上皮内新生物の場合、適切な治療をすれば高い確率で治癒し、転移・再発の可能性も低いのです。

gan

 

上皮内新生物は対象外?

上記の理由で、がん保険の中には、がんが上皮内新生物だった場合は、給付金が減らされたり、そもそも上皮内新生物の保障を特約扱いにして特約に加入していない場合は保障の対象外にしているものがあります。
上皮内新生物かどうかにかかわらず、同額の保障をしている商品もありますので、加入前に確認しておきましょう。
とはいうものの、上皮内新生物は、悪性新生物に比べ治療が容易であり治療費の負担も少ないのも事実です。上皮内新生物も同額保障される分、保険料が高いということもありますので、給付条件だけではなく、保障内容と保険料のバランスも考え検討することが大切です。
また、がん保険には不填補(ふてんぽ)期間というのがあり、一般的には保障の開始日(申し込み、告知、初回保険料の支払いが済んだ日)から90日後から保険が適用されます。
期間内にがんが発見された場合はそのがん保険は無効となり、それまでに支払った保険料は返金されますが、保険金はおりませんので注意が必要です。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。