がん保険

がん保険を選ぶ際の決め手は何?

LINEで送る
Pocket

cancer

診断一時金と通院保障の秀逸性に注目

がん保険は、入院・手術・長期通院治療などで高額になりがちな治療費に備えるための保険商品です。

がん保険の基本的な仕組みは、がんと診断された時にまとまった金額を受け取れる「診断一時金(診断給付金)」と、入院した時や手術した時に受け取れる「がん入院給付金」および「がん手術給付金」をベースとして、これに各種の特約をセットできるものが多くなっています。また昨今のがん治療のトレンドをみると、長期間入院せずに、通院治療を主体とする傾向があります。そのため、がんの入院保障よりも、「診断一時金」のようなまとまったお金の給付や、「通院治療に対応する通院特約」、「先進医療特約」などがセットされている商品の方が、現在のがん治療体制にマッチしていると言えます。

とくに近年は、診断一時金に特化した商品の人気が高くなってきています。

なお、がん保険の保障期間は「終身型」と、10年などの「定期型」があります。一般的には終身タイプがオススメだが、定期型の方が保険料は安いので、予算を考えて選択しましょう。

cancer2

診断一時金の給付条件の違いに注意

各社の商品は、一見すると同じように見えても、微妙に条件に違いがあります。とくに前述した、がんと診断された時にまとまった金額が給付される「診断一時金(診断給付金)」は、商品によって給付条件が微妙に異なり、この違いは一見しただけでは非常にわかりにくくなっています。旧式のがん保険では、診断一時金は【初回の一度だけ給付】されるタイプが多かったのですが、近年の商品は、一定年数経過後の再発時などに、再度、診断一時金が支払われるものが多くなっています。この再給付の条件にも各社違いがあり、商品によって1年ごと、2年あるいは5年後以降としている場合や、再発時のみ、または継続治療中でも支払うなど、様々に条件が異なっています。この点をよく理解して比較の上、なるべく条件の良い商品を選択することが重要です。また保険金給付時の条件についても「診断確定時」または「入院をした時」など、商品によってバラつきがあるので注意しましょう。
診断一時金に注目が集まる理由は、がん治療時には治療費以外にも、長期的な休業状態で収入が減るリスクが伴うことや、自由診療で新たな治療法を試したい場合など、まとまった一時金の給付がある方が何かと安心だから、という意見が多いです。 また、がん保険に加入する以外にも、他の商品に特約として付加する方法もあります。

その他、死亡保険に三大疾病保障をプラスした商品(三大疾病保障保険)で、がんに備える方法もあり、三大疾病保障保険は、通常の死亡保障のほかに三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)で所定の状態になった時も同額の保険金が受け取れるというものです。なお保険金が一度給付されると、その時点で保障終了となるのが、一般のがん保険との違いです。このように、がん保障の確保には様々な方法がありますが、各商品の特徴を知り自分に合ったものを選ぶことが肝心です。

医療技術が進む近年、がんは不治の病から「治せる病気」へと変わってきました。しかしその分、治療をするには「先進医療」の費用など、高額な医療費がかかる場合があります。先進医療にかかる技術費用は患者の全額自己負担ですが、診察料、検査料、投薬料、入院料などは公的医療保険が適用され高額療養費制度の対象にもなります。 先進医療の技術料は治療方法により異なりますが、たとえば「重粒子線治療」という最先端の治療方法の場合は300万円前後の費用がかかります。もちろん、これよりも安い治療方法や公的保険適用の治療方法もありますが、最先端の先進医療を受けるなら、やはりそれなりにお金がかかるということは認識しておいたほうが良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。