医療保険

病気やけがのときに国からもらえるお金

LINEで送る
Pocket

Fotolia_15946802_Subscription_L

医療保険に加入する前に知っておきたいこと

テレビでは、毎日のように医療保険のCMが流れていますね。もし病気になったら、医療費はどのくらいかかるのだろうか?もしがんになったら、生活はしていけるのだろうか?病気は誰の身にも起こりうるリスクですから、幸せな生活を守るためにも、万が一にはしっかり備えたいものです。

でも、日本に住んでいる私たちは、病気になっても健康保険制度のおかげで自己負担する医療費は意外と少なくて済むことも多いので、民間の医療保険を考える前に、まずは国からもらえるお金、すでに用意されている公的保障について確認した方が懸命です。

ご存知のとおり、私たち(70歳未満)が病院にかかって治療を受けた場合、自己負担は実際にかかった医療費の3割です。仮に病院で10,000円の治療を受けたとしても、自己負担は3,000円という意味ですね。処方されるお薬も同様に3割負担です。

しかしたとえ3割負担とはいえ、入院したり手術したりすれば、その負担額もそれなりに高額になります。100万円の治療費にかかれば、その3割は30万円ですから、これは家計へのダメージもかなりのものとなります。でもその時は「高額療養費制度」という仕組みが家計を助けてくれます。

医療費には自己負担上限額が設定されている

高額療養費制度とは、1ヶ月の間で負担する自己負担額に上限を設ける仕組みです。この制度を利用すれば、たとえ3割負担分が数十万円に上ったとしても、自己負担の上限を約9万円程度としているため、自己負担上限を超えた分が健康保険から払い戻しされるのです。払い戻しの手続きが完了するまでに数ヶ月かかってしまいますが、入院等が事前に分かっていれば、「限度額適用認定証」という証明書を加入している健康保険かの取り寄せれば、自己負担額上限以上のお金を立て替えることなく済みますから、更に安心です。

またこの自己負担上限額約9万円も1年のうち3回適用になれば、4回目以降の自己負担上限額が44,400円まで更に引き下げられます。これは家族内で複数の人が対象になっても合算できますので、いざというとき慌てなくて済むようしっかり理解しておきたいところです。またお勤めの会社が、○○健康保険組合というような場合、自己負担上限額を独自に設けているところもあります。普通は自己負担上限額約9万円というところが、3万円程度になっている組合もありますから、ご自身が加入している健康保険、一度確認してみましょう。

この医療費の自己負担上限額は、がんであったとしても同じです。しかしがんの治療には健康保険が使えない先進治療などが行われたりすることもあり、この治療費は全額自己負担となってしまいます。民間の医療保険を検討する場合は、健康保険が使える場合の家計における医療費負担と健康保険が使えない場合の家計における医療費負担について試算してみてどのような保険に入るべきか検討する必要があります。

一方で、高額所得者(目安は月給53万円以上)の自己負担上限額は1ヶ月あたり16万円程度とずいぶん上がります。特に一家の大黒柱が病気になってしまっては、収入も減ってしまう可能性もありますので、この医療費負担は家計を圧迫してしまいます。その場合、どの程度民間医療保険でカバーしたらよいのか、考えてみる必要があります。

必要な保障額を知ってから、民間の保険選びを

日本の健康保険制度は他国と比較しても、非常に優れた制度であると言われています。しかしながら、その制度を維持するために、月々の給与から5%にもおよぶ保険料を納めていることをもっと自覚すべきです。給料30万円であれば、健康保険料(介護保険なし)約15,000円を保険料として毎月負担しているのですから。これだけの保険料を払っているからこそ万が一のときに国から給付が受けられるわけですから、まずは国からもらえるお金をきちんと理解して、それでも不足する経済的な負担に対し、民間保険の加入を検討すべきでしょう。

例えば、まだ小学校にあがっていないお子さんについては、医療費の自己負担は2割です。でも、東京都23区内であれば、中学卒業まで自己負担分を地域が助成してくれる仕組みがあるので、実質子どもの医療費はタダです。健康保険が適用されれば、子どもの医療費は心配しなくても良いわけですから、これは大きな安心ですね(この仕組みはお住まいの市区町村で異なるので、一度確認してみましょう)。

もし、地域の助成でお子さんの医療費がまかなえるのであれば、あえて子どものために民間の医療保険を加入する必要はなくなります。むしろ浮いた保険料をお子さんの教育費に回す方が、家族の幸せのために役に立つお金の使いかたともいえるわけです。

民間保険への加入の前に、公的保障の確認をちょっと意識してみると良いですね。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

山中 ヤマナカ  伸枝 ノブエ   心とお財布を幸せにする専門家

金融機関や企業からの講演依頼の他、マネーコラムの執筆や書籍の執筆も多数。 個人相談も多く手がけ、年金、ライフプラン、資産運用を特に強みとしており、具体的なソリューション提供をモットーとしている。株式会社アセット・アドバンテージ 代表取締役。

⇒ 山中さんのインタビュー記事・山中さんへのご相談はこちらから