がん保険

がん保険を選ぶポイントは「診断給付金」

LINEで送る
Pocket

がん治療イメージ

がん保険は、先進医療保障をはじめ、入院・手術・長期通院治療などで高額となる治療費に備えることを目的とした保険商品です。
一般的ながん保険の基本的な仕組みは、がんを発病した時にまとまった金額を受け取れる「診断一時金(診断給付金)」タイプと、「がん入院給付金」および「がん手術給付金」を柱として、これに各種の特約がセットされる、仕組みのものがあります。

また近年のがん治療の状況をみると、長期入院せずに、通院治療を主体とする傾向があります。そのため、入院保障よりも、「診断一時金」のようなまとまったお金の給付や、「通院治療の特約」、「先進医療特約」などがセットされている商品の方が、現在のがん治療体制に合致していると言えるでしょう。
とくに近年は、診断一時金の給付条件がよい商品の人気が圧倒的に高く、プロからの推奨度もこの点に集中しています。
診断一時金の給付条件は、実は、各社商品によって微妙に異なっています。例えば、初回の一度だけ給付されるものと、再発時にも給付されるものもあります。2回目以降の給付頻度も、5年・2年・1年毎という違いがあり、更に、再給付の条件を「医師の診断時」としているものや「入院した時」、「手術した時」「通院治療でも可能」など、これも商品によって異なります。
この他、がん発病後の払込免除の有無も検討要素に加えましょう。
がんは不治の病から、治せる病気へと変わりましたが、治療には高額の医療費がかかります。今やお金で命が左右される時代、生活習慣病が気になる年齢になったら、早めのがん保障確保をお勧めします。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。ほけんキューイングは、保険に関するFAQ・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。マネーコンフォート株式会社が運営。