がん保険

ガン保険の必要性を説く三段論法

LINEで送る
Pocket

ガン保険の必要性を説く三段論法

はじめに

ガン保険とは、原則的に「ガン(癌)」だけを保障の対象としている保険です。多くのガン保険は、主に以下のような保障内容となっており、ガンとの闘病を資金的にサポートすることを目的としています。

 

①ガンと診断されたときに、まとまったお金が給付される【診断給付金】

②ガン治療のために入院したときの【入院給付金】

③ガンで所定の手術を受けたときの【手術給付金】

④抗がん剤の投与など、ガンの治療を目的に通院したときの【通院給付金】

⑤ガンの治療を目的に厚生労働大臣が定める先進医療を受けたときの【先進医療給付金】

 

それでは、そもそもガン保険が必要か、必要でないのか?ではここで、その是非を考えるときに参考となる、ガン保険の必要性を説く三段論法をご紹介しましょう。

その1 ガンは決して他人ごとではありません

“ガン家系”という言葉がありますが、家系にガン患者がいなくても、ガンになってしまう例は多く、大気汚染や生活習慣の変化で実際に日本人のガンは増えています。事実、日本人の3人に1人がガンで亡くなっているというデータを見れば、決して他人ごととはいえないはずです。

その2 しかし、ガンは今や不治の病ではありません

医療技術の進歩により、検診や治療方法も格段に進化した現在、ガンは治る時代になりました。芸能人や著名人がガン罹患をカミングアウトして、復活劇を遂げるのを最近しばしば目にされると思います。早期発見・早期治療によりガンはかなりの確率で治るのです。

その3 それでも、ガン治療は他の病気に比べてお金がかかります

日本には健康保険という非常に手厚い公的保障があります。入院や手術を受けたとしても自己負担はそれほど高額にはなりません。でもガン治療には健康保険の適用が効かない先進医療が用いられることも多く、また退院後も様々な健康食品を試したり、抗ガン剤の副作用でかつらを購入したり、他の病気ではかからないような、様々な出費が重くのしかかります。

お金の心配をしながらでは療養にも専念できません。この高額な自己負担をカバーするために、通常の医療(入院)保険とは別に、ガン診断時にまとまったお金が出る「ガン保険」が存在するのです。

最近は、ガンにかかった後の収入減をカバーするガン保険も出てきました。保険料はこれまでのガン保険と単純比較すると少々高くなりますが、その内容に納得できれば一考の価値はあるでしょう。

おわりに

ところで、通常の医療(入院)保険ではガンの保障はないと勘違いされる方がいますが、実際にはガンによる入院でも1日5,000円といった入院保障は受けられます。

また、ガン保険は早期治療時に必要となるまとまったお金を準備するためのもの。通常の医療保険は差額ベッド等の日々の自己負担をカバーするためのもの。このようにガン保険と医療保険は、あくまで“併用”することが前提です。

ちなみに、預貯金が十二分にある方は、医療保険は入らなくてもガン保険は入っておいたほうがよいでしょう。ガン治療で資産がどんどん取り崩されていくのは、どんなに資産がある方でも、経済的にも、精神的にもかなり辛いものなのです。

LINEで送る
Pocket

著者 / Author

最新保険ランキング編集部

保険のギモン、すべてスッキリ。最新保険ランキングは、保険に関するコラム・最新ランキング・プロの紹介を網羅した保険の総合サイトです。株式会社ピーアンドエフが運営。